おすすめトリートメント6選!定番人気の市販からサロン級まで大公開♡

コスメ・美容

傷んでしまった髪を補修する役割があるトリートメント。
髪質や髪のお悩みなど、トリートメントを選ぶ基準はさまざま。
トリートメントとひとことで言っても、種類がたくさんあります。
普段なんとなくトリートメントを選んでいませんか?

本記事では「どんなトリートメントを買おうかな?」と検討中の方に向けて、トリートメントの種類やトリートメントの選び方についてご紹介していきます
また、市販で購入可能な定番のトリートメントからサロン級のものまで、おすすめのトリートメントについても解説!
トリートメント選びに悩んでいる方はぜひ購入の参考にしてみてください。

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

トリートメントは種類がたくさん

トリートメントは冒頭でもご説明した通り、種類がたくさんあります。
メーカーの違いだけでなくクリームタイプやオイルタイプなど、タイプもさまざま!
ここからはトリートメントの種類と特徴について解説していきます。
トリートメントの種類や特徴を正しく理解することで、自分好みのトリートメント選びに役立ちますよ!

クリームタイプ

髪に水分と栄養を与えてくれるのが、クリームタイプのトリートメントです。
カラーやドライヤーで受けたダメージヘアにお悩みの方におすすめ!
お出かけ前のスタイリング剤として使えるトリートメントも販売されています。

オイルタイプ

オイルタイプは油分が多いです。
そのため髪の乾燥が気になる人におすすめ。
乾燥による髪の広がりを抑えて、手触りの良い髪に仕上げてくれます。
また、髪表面のツヤ出し効果も期待できます。

ミルクタイプ

ミルクタイプは油分が多いオイルタイプよりも、水分を含んでいるトリートメントです。
髪の水分量を増やしてくれるので、ダメージヘアに悩んでいる人におすすめ!
傷んだ髪を補修し、ミルクタイプのトリートメントがキューティクルに浸透します。

スプレータイプ

あまりトリートメントとして馴染みがないスプレータイプですが、髪にスプレーするだけでトリートメントとスタイリングが一緒にできる万能アイテムです。
他のトリートメントと違い、手につける必要がありません。
スプレータイプのトリートメントは、忙しい朝のスタイリングに使いやすいのもポイントです。

トリートメントの選び方

台の上に置かれたボトル 中程度の精度で自動的に生成された説明

髪質が人によって違うように、トリートメントもそれぞれに違った良さがあります。
そのため、髪のお悩みや髪質に合ったトリートメント選びが大切です。
シリコンイン・ノンシリコンという単語を最近よく耳にしますが、どちらがあなたの髪質に合っているかご存じですか?
こちらでは“トリートメントの選び方”についてご紹介します。

選び方その① 髪質で選ぶ

柔らかくて細い髪質なら
インバストリートメントは油分が少なくて水分が多いものを選びましょう。
アウトバストリートメントは、ミスト・スプレータイプがおすすめです。

太くて硬い髪質なら
インバストリートメントは柔らかくて細い髪質とは反対に油分が多めで、重ためのものを選びます。
アウトバストリートメントはオイルタイプがおすすめ。
しっとりしたツヤのある仕上がりになりますよ!

選び方その② 髪のお悩み別に選ぶ

量が少ないのがお悩みなら
インバストリートメントはノンシリコンタイプを選びましょう。
アウトバストリートメントは、ミルクタイプを使用してキューティクルの保護をメインに!
サラサラ指通りの良い髪になります。

ボリュームが多いのがお悩みなら
髪のボリュームを抑える必要があります。
ボリュームを抑えるには、水分が多いモイスチャートリートメントがおすすめです。
ホホバオイルなどの“植物性オイル”が配合されたオイルタイプを選びましょう!

くせ毛がお悩みなら
くせ毛は湿気の多い雨の日に、髪の毛がうねって困りますよね。
髪のくせや、うねりが出るのは空気中の水分が原因です。
トリートメントで保水力を高めてうねりにくい髪を目指しましょう。
アウトバストリートメントはオイルタイプがおすすめです!

選び方その③ シリコンイン・ノンシリコンから選ぶ

シリコンイントリートメントとは?
シリコンイントリートメントは、髪にまとまりを持たせたい時に最適です。
トリートメントに含まれているシリコンが、キューティクルに付着して髪をコーティングしてくれます。
髪にツヤ感が生まれるのが特徴です。

ノンシリコントリートメントとは?
敏感肌で頭皮が荒れやすいなど、肌トラブルが起こりやすい方におすすめ!
どちらかと言えば柔らかくて細い髪質の方向きです。
ダメージを補修しながら髪にハリとコシを与えてくれます

選び方その④ どんなふうになりたいかで選ぶ

髪をツヤツヤにしたいなら
油分が豊富なオイルタイプ、とくに植物性オイルのアウトバストリートメントを選びましょう。
うるおい成分で髪をツヤツヤに仕上げてくれます。
オイルタイプはアウトバストリートメントだけでなく、スタイリング剤としても使うのが◎

まとまる髪にしたいなら
まとまる髪にしたいならモイスチャートリートメントを選びましょう。
モイスチャートリートメントに含まれる水分によって、パサつきや広がりを抑えてくれます。

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

おすすめ!人気トリートメント大公開

ワイングラスを持っている手 自動的に生成された説明

ここまでは、トリートメントの種類やトリートメントの選び方について解説してきました。
ここからは「種類や選び方はわかったけど、じゃあどれを買えばいいの?」と感じている方に向けて、市販で買えるおすすめのトリートメントをご紹介します。
定番のトリートメントから、サロン級のものまで幅広くピックアップしました!
実際にトリートメントを購入する参考にしてくださいね。

おすすめインバストリートメント3選

【フィーノ】プレミアムタッチ ヘアマスク

6つの美容効果があるトリートメントです。
フタを開けるとプルプルとした質感のヘアマスクが入っています。

【TSUBAKI】プレミアムリペアマスク

サラサラでツヤのある髪に仕上げてくれるトリートメントです。
パッケージも高級感漂います。

【ボタニスト】ボタニカルトリートメントダメージケア

合成着色料フリーで髪に優しいトリートメントです。
植物由来成分が配合されたトリートメントで、ダメージケアを叶えます。

おすすめ洗い流さないトリートメント3選

【ナプラN.】ポリッシュオイル

お風呂上りに付けても、スタイリング後に付けても使える万能オイルトリートメント。
髪だけでなく肌にも使えるので、これ一本でいろいろ使える!

【ミルボン】ディーセスエルジューダ MO

シャンプー後に揉み込めば硬くなっている髪を柔らかくしてくれます。
まとまりのある髪に仕上げてくれるので、ミルボンのなかでも人気のアイテムです。

【パンテーン】エクストラダメージケア インテンシブヴィタミルク

ミルクタイプの洗い流さないトリートメントです。
夜のタオルドライ後にこのミルクトリートメントを使えば、朝になればツヤツヤの髪に◎

おうちケアで美髪をゲット♡

人, 女性, 屋外, 持つ が含まれている画像 自動的に生成された説明

トリートメントはお風呂で使用するインバストリートメントと、洗い流さないアウトバストリートメントのカテゴリー分けだけではありません。
クリームタイプやミルクタイプにオイルタイプなど、さまざまな種類があります。
「たくさん種類がありすぎて選べない」という方は、自分の髪質やお悩みについて考えてみてください。
そうすればあなたに合った、トリートメントにきっと出会えるはず!
お気に入りのトリートメントで、おうちケアを楽しみながら美髪をゲットしましょう。

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

こちらもおすすめ▼

0

コメント