ノーファンデで美肌をゲット♡メイクの効果・やり方・おすすめコスメも!

コスメ・美容

女性にとって毎日の生活に欠かせないのがメイク。
行先にかかわらず、マナーとしても大事だし、少しでも美しく見せたいと思うのはみんな同じですよね。
とはいえ、いろいろなメイク法を試してみても理想のイメージにならず、かえって肌に負担をかけていないか心配になる人も多いのではないでしょうか?

そんな人におすすめしたいのが、ノーファンデメイクです!
「え?すっぴんで外に行くの?」と思うかもしれませんが、完全なすっぴんではありません。
メイクの中でファンデーションのみを使わないというやり方なんです。
今回は、意外と知らないノーファンデのやり方や、ノーファンデメイクにおすすめのコスメも紹介していきますね。

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

ノーファンデの効果やメリット 

ノーファンデの一番大きいメリットは、肌への負担が減らせること

メイクをするときには、ファンデーション以外のコスメも使いますよね?
化粧水や乳液から始まり、下地に日焼け止め、アイメイクなどのカラーなど、人によって使うものは違いますが、少なくとも3~4種類程度は重ねて使うと思います。

その中でも一番しっかり塗ることになるのがファンデーションです。
リキッドタイプやクリームタイプなど様々ありますが、どうしても重ためのテクスチャーになりやすい部分もあります。

また、1日の終わりには当然メイクを落とさなければいけませんが、毛穴に入り込んだしっかりメイクを落とすには、同じだけしっかり洗い流す必要があります。
それはそれで肌への負担になるもの。
キレイに見せるためのメイクなのに、かえって肌荒れの原因になってしまうことも…。

ノーファンデメイクなら、その心配を減らすことができます!
そもそも、一番しっかり塗りこむファンデーションを省くことで肌への負担がグッと減ります。
洗い流すときも今までよりもスルッと落ちますよ。

また、つい厚塗りになってしまうファンデで気になるヨレや化粧崩れも減ります
今まで数回お化粧直しをしていたかもしれませんが、ノーファンデメイクならその回数も減らせることでしょう。
ファンデを使わないメイクだと、よりナチュラル肌に近い印象になるのも嬉しいポイント!やる価値はあると思いますよ!

ノーファンデのデメリットとは? 

とはいえ、デメリットもあります。
一番大きなデメリットは、今までファンデでカバーできていた毛穴や赤みが隠せなくなることでしょう。

ファンデでキメを整えるというよりは、隠したいものをしっかり隠す目的で塗っていた人も多いはず。
今までファンデーションこそが肌のキメを整えるアイテムだと思っていた人にとっては、とても勇気がいるメイク法かもしれませんね。
また、ファンデがない分素肌へのアクセスが簡単になるので、紫外線や乾燥など、外からの刺激に対するガードも弱くなります

そうならないためには、まずは普段の基礎化粧に力を入れて素肌をしっかり整えておくことが必要です。
また、下地などは引き続き使うため、UVカット成分が入っているコスメを選ぶなど、ファンデ以外で紫外線対策を徹底するようにするのもおすすめです。

ノーファンデメイクのやり方

では、ノーファンデメイクは実際にどうやって進めていくのでしょうか?

まずはスキンケア。これは普通のメイクと同じですね。
ノーファンデの場合にはカバー力が減るので、よりしっかり保湿し、乳液やクリームでうるおいを閉じ込めるようにしましょう。

その次は日焼け止め。
いかにUV対策をしっかりやるかで、その後の肌のコンディションも違ってきますよ。
夏場はもちろんのこと、冬場のように一見日差しがなさそうな時期でも要注意!
乾燥対策も兼ねて、忘れずに塗るようにしてくださいね。

その後、化粧下地を顔全体に塗ります
ファンデーションを使わないので、細かい部分にも行き届くように丁寧に塗るようにしましょう。

さらに美肌ポイントとされるくまの下側・目じり・小鼻の赤み・口角の4ポイントをコンシーラーで整えます
筆先に出したコンシーラーをポイントに乗せ、スポンジで優しくなじませていきます。
涙袋までなじませてしまうと目が小さく見えるので注意してくださいね。

最後に使うのがフェイスパウダー
ファンデの代わりになるものなので、とても重要なアイテムです。
今まで重ね付けしてきたものを均一に整えるのと同時に、余計な油分を抑えることでナチュラル肌に仕上がります
フェイスパウダーにもいろいろな種類があり、カバー力の強いものや透明感を演出できるものもあります。
自分の肌質や、作りたい印象に合わせて選ぶようにしましょう。

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

ノーファンデでも美肌にみせるコツ 

「そうはいっても…ファンデがないのは不安だし、本当にそれでキレイになる?」
メイクで一番大事ともいえるものを抜いてしまうので、そう思う人がいてもおかしくありませんよね。
そんな人向けに、ここではノーファンデでも美肌が作れるコツを一気にご紹介します!

スキンケアで肌の土台を整えよう

基本中の基本はスキンケア。
どんなに良いコスメを使っても、肌の土台がガタガタだと肌荒れが進んでしまい、やっぱりファンデがないと無理…と元に戻ってしまいます。

ファンデを塗らなくなった分、メイクも洗顔も時短になるはずなので、その浮いた時間を肌ケアに回すといいでしょう。
洗顔に保湿などの基本はもちろん、肌の赤みや毛穴が気になる人は悩みに特化した基礎化粧品を使うのも◎

美容皮膚科の医師が診察してから処方される、ゼオスキンなどのドクターズコスメに挑戦するのもアリ
市販の化粧品よりも高額になりますが、根本から徹底的に改善したい人には根強い人気があります。

日焼け止めを上手に選ぼう

外から来る刺激の中で最も強いのが紫外線。
通年でしっかり対策していくことが大切です。

実は、UV(紫外線)には波長の違うものがいくつかあります。
その中でも、地表に届いて肌に影響を与えるのが「UV-A」「UV-B」という2種類。
「UV-A」は長い波長の紫外線で、肌の色素沈着を起こすのでシミの原因になります。
また、UV-Aの一部は表皮を通り越して真皮まで到達し、弾性細胞を破壊して肌のたるみの原因になるとも言われています。
一方の「UV-B」は短い波長の紫外線。
こちらは肌に炎症を起こす作用があり、肌荒れやそばかすなどのトラブルの原因になります。

日焼け止めでよく見かける「SPF」「PA」という数値は、この2つの紫外線に対する効果を表しています。
「SPF」は「UV-B」に対する効果、「PA」は「UV-A」に対する効果です。
とりあえず両方強いものを選んでおけば間違いないように思いがちですが、敏感肌や乾燥肌の人がむやみに強いものをつけると肌荒れの原因になることもあります。
炎天下で長時間外にいるような状況でなければ、「SPF30~40程度・PA++~+++」で大丈夫です。

コスメのカバー力に注目しよう

今まで毛穴やくすみのカバーはファンデの役目だったかもしれませんが、ノーファンデではその他のコスメのカバー力を見て選ぶことが重要

おすすめは、日焼け止めやカラーコントロール機能も一緒になったBBクリームです。
下地~コンシーラーまでが一つになっているので、厚塗り感もなく、時短になるので使いやすさ抜群!肌に触れる回数も減るので負担も減らせます。

また、自分の肌の色に合ったものを選ぶのも大事です。
カバー力にこだわりすぎて、地肌よりも暗い色を選んでしまうと印象も暗くなります。
また、実際に顔に塗った時や照明の加減でかなり変わってくるのも事実。
室内にいることが多い人は照明の強い光が当たることを、外にいることが多い人は自然光に当たることを考慮してカラーを選ぶといいでしょう。

ノーファンデメイクにおすすめのコスメ

ノーファンデメイク成功のコツは、何といってもコスメ選びが重要です。
先ほど書いたカバー力もそうですが、メイクの時短になることやスキンケアも一緒にできるようなコスメがあるといいですよね!

ここでは、これからノーファンデメイクに挑戦する人におすすめしたいコスメを紹介していきます。

真夏もOKのUV下地!「アリィー(ALLIE) カラーチューニングUV AP」

SPF50+・PA++++の強い紫外線カット力を持ち、かつ美容液成分も配合されているコスメ。
くすみをしっかりカバーする「パープル」と、フレッシュな印象が作れる「アプリコット」があり、理想のメイクに合わせて選ぶことができるのも◎!
肌を守りつつ、ナチュラルな肌に仕上がります。
アリィーはドラッグストアなどでも購入できるので、ノーファンデ初心者さんも気軽に試せるのが魅力です。

●容量:40g 価格:2,167(税込)

赤みが気になる人へ「Dr,Jart+ シカペア リカバー」

UVカット機能はないものの、高い保湿力と修復力があってリピーター続出の韓国コスメです。
見た目は緑色のクリームですが、肌になじませるとナチュラルなベージュに変化。赤みや毛穴がしっかり隠れます。
ツボクサエキスの修復力のおかげで、メイクとスキンケアが両立できて効率的!
価格はやや高めですが、1度に使うのはパール粒大なので長持ちしますよ。

●容量・価格 15ml・1925円(税込) 55ml・4730円(税込)

高いカバー力なのに厚塗り感なし「ディオール ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー」

ファンデーションの代わりにつける人も多く、自然な仕上がりと高いカバー力を兼ね備えた人気コスメです。
全7色展開で、より自分のカラーに合ったものが選べます。
なめらかなクリーム状のテクスチャーで、毛穴やくすみを少量でもしっかりカバー。
1日中よれずにキープできる強さも人気の秘密です。
コンシーラーとしては多めの11ml容量でコスパも良いと評判です。
1本は持っておきたいですね!

●容量:11ml 価格:4620円(税込)

プチプラでクリア肌を作る「セザンヌ UVクリアフェイスパウダー P1 ラベンダー」

1000円以下で買えるプチプラコスメながら、ナチュラルなクリア肌が作れると人気の商品。
軽いパウダーなので厚塗り感もなく、ノーファンデメイクには欠かせないアイテムといえます。
また、くすみをカバーするラベンダーカラー、よりクリアな印象をもたらすパール、SPF28・PA+++のUVカット機能も入っていて優秀!
仕上げに使うことで、ぱっと華やぐナチュラル美肌が完成します。

●容量:10g 価格:748円(税込)

ノーファンデでストレスなく美しい肌に! 

肌への負担も気になるけど、だからといってノーメイクで外に出るのも無理…。
ノーファンデメイクをマスターすれば、肌のお休み時間も増えますし、時短になってスキンケアに時間をかける余裕もできます。
また、いつものしっかりメイクよりも、さらにナチュラル美肌を作りやすくなるというメリットも!
今よりもっときれいになっちゃうかもしれませんね!
あなたも今日から始めてみませんか?

⇒ [関連記事]この秋冬おすすめ!コスメ&スキンケア10選♡

こちらもおすすめ▼

0

コメント

コスメ・美容
JOERA(ジョエラ)