【痩せたい方必見!】お砂糖の代用品になるおすすめ甘味料をご紹介!

ライフスタイル

ダイエットをされている多くの方が、気になる「お砂糖」。
お砂糖の代用品として様々な甘味料があります。
実際どれがいいのだろうとか、安全なのかなど気になりませんか?
私自身も気になるので、この機会にすっきりさせたいと思い、まとめてみました!

代用品をご紹介する前に!お砂糖の問題とは?

お砂糖にも様々な種類がありますが、お菓子などにも使用される定番の白砂糖を元にお話しします。

お砂糖はもともと、炭水化物と変わりない程度のカロリーです。そのため、カロリー自体が爆弾といったものではありません
何が問題かというと、お砂糖を食べた際に脳に伝達される信号!
お砂糖を食べることで、脳にドーパミンなどの神経物質が伝達され、刺激を受けて中毒に陥ることもあります。

自己制限できれば問題ありませんが、甘いものが好きな方などは注意が必要です。
お砂糖の影響により起こり得る疾患数自体も多く、様々な健康面に支障をきたしかねません。。。
代用品で、お砂糖のカロリーや糖とおさらばしちゃいましょう!

一般的な砂糖の代用品の例

それでは、一般的なお砂糖の代用として用いられる甘味料をご紹介です。

はちみつ

はちみつは、砂糖の一般的な代用品として代表的な食材です。
コーヒーに入れる砂糖の代用やケーキの材料など、様々な場面で使用されています。
種類も様々あるので、自分の好みの商品を選ぶことも出来ます。
天然のものなので、安心ですし、ダイエット中の方も、砂糖の代わりに蜂蜜を代用している印象が強いです。

みりん

みりんと聞くと、料理の調味料として使用するというイメージが強い方も多いのではないでしょうか。
みりんは、調味料としてはもちろん、砂糖の代用品としても使用できるのでオススメです!
もち米を元としているので、砂糖に似た甘さではありませdんが、身体にも安心の調味料です。

オリゴ糖

オリゴ糖は、スーパーなどでも見かける身近な調味料です。
お砂糖の仲間はありますが、上白糖よりも身体想いで、甘さが控えめなので、甘いものを元々好まない方の代替えに打ってつけの調味料だと思います。
私は主に料理の際に砂糖の代用品として使用しています。ほんのりとした甘さが特徴的です。

グラニュー糖

グラニュー糖は、お菓子の仕上げなどにも使用される、ほんのりとした甘さが特徴の調味料。
こちらも砂糖の一種ですが、結晶の細かさが特徴的です。
ほんのりとした甘さなので料理、おかし作り共に砂糖の代用として使用しやすいと思います。

黒糖

黒糖は、甘味料の中でも身体想いと印象が強い調味料です。
カロリーも白砂糖と比べると低めで、栄養成分も豊富なので。
ダイエッターさんの佐藤大用にもおすすめです。
奥深さのある味わいなので、料理やお菓子作りとして代用する際は、砂糖と比べると味わいに違いが出てくると思います。

甘酒

甘酒は、一般的に飲むものとしての印象が強いですが、料理に使用されることも多々あります。
米麹を発酵させて作られており、身体想いの調味料です。
そのまま飲むのが得意でないという方も、砂糖の代用に料理で使用して摂取することもおすすめです。

ダイエット中に使用すべき代用品と使用しない方がいい代用品

ダイエット用に販売されている商品は様々ありますが、実際身体への影響はどうなのでしょうか。
ダイエット中に使用して良い代用品と使用するべきでない代用品、それぞれをご紹介します。

大きな判別点は、血糖値をあげやすいか否かです。
砂糖などのいわゆる糖類やフルーツに含まれる果糖は、血糖値を上げやすく、控えることがおすすめです。
砂糖の代わりに何を代用したら良いのか判別するのも難しいですよね。
砂糖の中でも精製されている、三温糖やグラニュー糖などは、砂糖とほぼ同じのため使用は控えることがおすすめです。

または、精製しきっていない黒糖なども、栄養も豊富ですが、砂糖と変わりないため控えることがおすすめです。
フルーツに含まれる果糖は、摂りすぎると中性脂肪を増やす可能性があるので、こちらも気をつけたいところです。
血糖値を上げにくいものは、天然素材の甘味料、ステピアスイートやラカントなどが挙げられます。
ダイエット中は、普段の砂糖代用とは異なる注意点があるので、よく調べてから代用の調味料を購入することがおすすめです。

ダイエットにおすすめのお砂糖の代用品まとめ

代用品にも様々なものがあります。
甘さや特徴をまとめてみました。

パルスイート

パルスイートは、アミノ酸を元としたアスパルテームを使用した甘味料。糖類0低カロリーです。
商品展開が豊富で、ライフスタイルにあったものを選びやすいのも嬉しい点だと思います。
お値段は、商品によって変化はありますが、ダイエット関連の商品としては妥当のお値段かなと思いました。
甘さは、お砂糖と同じくらいの甘さを楽しむことができるそうです。

エリスリトール

エリスリトールは、ぶどう糖を元にしたカロリーゼロの甘味料。
身体に吸収されず、血糖値を上げることもないのでダイエットに嬉しい甘味料です。
お値段は、比較的お求めやすい価格かなと思います。
甘さに関しては、少し抑えめだそうです。

ステビアスイート

ステビアスイートは、ステビアというキク科植物使用のカロリーゼロの甘味料
天然甘味料なので、安心安全です。
価格は、パルスイートと同程度のお値段でした。
お砂糖の2倍の甘さがあるそう!

ラカント

ラカントは、中国原産の植物のラカンとエリスリトールを使用したカロリーゼロの甘味料
こちらも天然の原料を使用しており、安心安全です。
お値段は、パルスイートなどと同じくらいでした。
甘さは、お砂糖と同程度だそうです。

お砂糖の代用品として甘味料を使うときの量と一日摂取許容量

お砂糖の代用品それぞれの特徴やおすすめの使用シーンなどを一通りご紹介しましたが、実際それぞれの代用品は、1日にどのくらい摂取していいのか気になりますよね。
身体を想って、砂糖の代用品を使用しているのに、1日の摂取量を超えていたら本末転倒になってしまいます。
そんなことがないよう、1日の摂取量を守って、代用品を使用しましょう!

はちみつ

はちみつは、特に1日の摂取量が決まっていません。
はちみつを砂糖の代用として使用する際は30g程度(大さじスプーン2杯程度)の摂取が適量と言われています。
それ以上の摂取は念のため控えるのがおすすめです。

みりん

みりんは、1日の摂取量に決まりはありません。
ただ、調味料の中でも糖質が多い方ではあるので、砂糖の代用として使用する際は摂りすぎには気をつけたいところです。
ダイエット中の方は、みりんを自作して糖質を抑えることもおすすめです。

オリゴ糖

オリゴ糖に、1日の摂取量の決まりはありません。
15g程度が1日の摂取量目安とは言われており、摂りすぎると腸の働きが活発的になり、お腹がゆるくなることもあるそうです。
他の代用品よりも使用に気をつけるべきです。

パルスイート

パルスイートには、人工甘味料が含まれているので、1日の摂取許容量があります。
体重によりますが、50kgの人が1日に摂れる量は、150g程度です。
元々甘さが砂糖よりも強いので、使用する量も少なくて済みます。

エリスリトール

エリスリトールも、1日の許容上限摂取量があり、30-40g程度と言われています。
大量に摂取すると、お腹をくだすこともあるそうです。
甘さは控えめな代用品なので、甘党の方は甘さが強めの代用品が良いかと思われます。

ステピアスイート

ステピアスイートは、天然甘味料ですが、1日の許容上限摂取量は4mg/kgと決まっており、50kgで200mgまでとなります。
すごく甘党の方は、お砂糖の2倍の甘さがある、ステピアスイートがおすすめです。

ラカント

ラカントはエリスリトールを使用しているので1日の許容上限摂取量は、同じく30-40g程度になります。
甘さは、エリスリトールと比べると多く、砂糖と同様くらいですので、甘いもの好きな方は、ラカントがおすすめです。

お砂糖の代用品についてのまとめ

様々な商品が出ていて、どれにしようか悩んでいたので、調べてみました。
販売ショップによっては高額な場合もあり、購入する際、気をつけていただきたいと思いました。
自分に合う甘さやライフスタイルにあった商品をオススメします。

おすすめ!「ダイエット食べ物」特集▼

0

コメント

ライフスタイル
JOERA(ジョエラ)