【必見】夏の紫外線対策には欠かせないアイテムといえば・・・?

ライフスタイル

お肌トラブルや体調不良を引き起こす紫外線。
出来るだけ避けたいところですが、生活している以上完全に防ぐことは出来ませんよね。
そこで日常的に簡単に取り入れられる「折りたたみ傘」を活用することをおすすめします。
今年こそしっかり紫外線をカットし夏の太陽と上手に付き合いましょう。

⇒ 「折りたたみ傘」購入サイトはこちら

紫外線の「UVA」と「UVB」って?

ダメージを与える紫外線には「UVA」と「UVB」の2つがあります。

「UVA」は、肌の深いところまで届く紫外線です。
肌に急激なダメージは与えないものの、肌の奥まで届くことで弾力やハリに影響を及ぼします。

「UVB」は、肌の浅いところに急激なダメージを与える紫外線です。
日焼けによる炎症と、メラニン色素の沈着を引き起こします。
また、メラニン色素の生産を増やすことでシミやそばかすの原因にもなります。

太陽が出てないからって油断は厳禁です!!
曇っているからといって何も紫外線対策をしないのは絶対にダメです!
紫外線は思いもよらぬところにありますからね・・・
今年からしっかりと対策をしましょう!

日傘を使うメリット

紫外線カットをして、日焼け対策ができることが主な役割だと認識されていますが、それだけでなく他にもたくさんのメリットが♡
直射日光を避けることで暑さ対策だけでなく、熱中症対策にも。
美容目的の他にも、健康にも良いメリットがあるんです!使わない選択肢はないですね!

⇒ 「折りたたみ傘」購入サイトはこちら

これからの時期には晴雨兼用傘

日傘を習慣づけられないという方多いと思います、私もそうでした・・・
そんな方は、晴雨兼用傘から挑戦してみるのがおすすめです!
急な夕立のときにも役立ち、晴れのときは日傘として大活躍◎
2つの役割を果たしてくれる傘なら、毎日バッグに入れておけるため、どんなときでも役に立ちます♡

My傘をご紹介♡

私の傘は軽量タイプでなんといってもコンパクトなんです!
去年までは日傘を買ったけど、大きすぎて結局家に置きっぱなしでした・・・
日傘を習慣づけられないという方へ、とってもオススメです♡
日傘をさすだけで体感温度もぐっと下がるので、熱中症対策にも効果的なアイテムですね。
UVカット加工がしてあったり、雨傘兼の日傘で夏のみならず1年中活躍してくれます。

選べる4色展開

色は全部で4色からお選びいただけます。
左から、ブラック、ピンク、ブルー、グリーンの4色展開です。
同色のケース付きで濡れた傘を収納するときに便利です。

傘の裏面の黒色が、閉じた際のアクセントになっているのもお洒落ポイントですね♡

まとめ

日傘といえば夏のアイテムというイメージをもつ方も多いのですが、
気象庁のデータによると、5月から既に7月・8月と同等の紫外線が降り注いでいるそうです。
みなさんも早めに日傘をゲットしてみてはいかがですか?♡

⇒ 「折りたたみ傘」購入サイトはこちら
0

コメント

このライターの記事をもっと見る >>
Sally

ファッションと韓国とお酒が大好きです♡
色んな情報を共有できるように頑張ります!

Sallyをフォローする
ライフスタイル
JOERA(ジョエラ)