そろばんって面白い!大人の右脳トレにも効果あり◎

ライフスタイル

多くの人にとって、小学生の時に授業でちょっと触った気がする程度の「そろばん」。
よくわからなかったし、電卓の方が正確に計算できるし。別に生活には必要ないし。
それは本当にそうなのですが、そろばんって実は面白くて楽しいものなんです。
今回は講師の経験から、そろばんの面白さを書いてみようと思います。

⇒ おすすめのそろばんからビジネスで使えるスキルまで!購入詳細はこちら

合うと気持ちいい♪パズル感覚でやってみて!

そろばんといえば「計算機」というのが本来の用途でした。銀行などでも使われるものでしたしね。しかし、現代ではコンピューターのおかげで必要のないものになっています。

それでも、そろばん教室が今も全国にありつづけ、生徒さんも多いことには色々な理由があります。
そろばんを扱う本人が楽しいと思っているから続けていたり、親御さんがお子様の脳トレのためにと習わせたり。
しかし「塾」「計算」といった単語から勉強と同じくくりになってしまい、なかなか子どもたちはそろばんに対して好印象を持ってくれません。そこで、そろばんはパズルやゲームと同じだと思うとがらっと向き合い方が変わります。

例えばパズルゲームのように、正確なコンボを繋ぐことで正解にたどり着けます。
右脳は運動やパズルでトレーニングできますが、実はそろばんも右脳トレにぴったりの「パズル」なんです。
そろばんの珠をルールに従って動かしていくと、最後には正しい答えが出てくるというのは勉強よりも遊び感覚に近いもの。数字!計算!塾!勉強!という堅苦しい印象のせいで嫌厭されがちなのはもったいないんですよね。

⇒ おすすめのそろばんからビジネスで使えるスキルまで!購入詳細はこちら

マイナス計算や少数を扱えるって知ってた?

小学生の頃の授業ではおそらく簡単な見取り算(足し算と引き算)をしたと思いますが、実はそろばんって他にもできることがあるんです。
乗算(かけ算)・除算(割り算)もできますし、更に少数やマイナス計算もできます。 何がすごいって、そろばんであらゆる計算をしようと思った人がすごいですよね。

とはいえ見取り算より複雑な計算や数字の扱いは上級で習うものなので知らなくても当然なのですが。
9級で乗算(掛け算)、8級で除算(割り算)3級で少数、準2級以降ではマイナスを扱います。生徒さんによっては、学校で1桁~2桁の計算をやっている時にそろばんでは除算に入っているという子もざらなんですよ。

今はYouTubeなどでもやり方を見られるので、気になる人はぜひ調べてみてくださいね♪

そろばんで右脳トレ♪気軽にやってみよう

そろばんでは足し算・引き算が混在する見取り算以外にも乗算(かけ算)・除算(割り算)ができ、更に少数やマイナスまで扱えます。
パズル感覚でコンボを繋ぐと、正しい答えが導き出せるのって本当にゲームみたいで面白いと思えてきませんか?
お子様の習い事として考えがちなそろばんですが、右脳トレーニングになるそろばんは大人にもおすすめです。
習ったり上級を目指さなくても、ちょっとの好奇心で大丈夫。百均の小さなそろばんを買って触ってみてください。
意外とハマってしまうかもしれませんよ♪

⇒ おすすめのそろばんからビジネスで使えるスキルまで!購入詳細はこちら

0

コメント

このライターの記事をもっと見る >>
かも井

八王子出身、20代でレズビアン!自由で視野の広い人生がモットー。
大型犬と猫と馬と爬虫類が好き。着物も着る二次元のオタクくんだよ~!
競馬から美容まで色々な記事を書くライターです♪

かも井をフォローする
ライフスタイル
JOERA(ジョエラ)