動物保護って難しい?自分にできることを知ろう♡

ライフスタイル

動物保護っていうと難しい気がしたり、自分には何もできないしと思ったりしてしまいませんか?

保護に関わることって意外と気軽にできちゃうんですよ♪

今回は、気軽に誰でもできる保護活動への関わり方のうち、保護っ子カフェとYouTubeの2つをピックアップ。一人でも、お友達とでも、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

⇒ [関連記事]フォローするだけ!保護犬にご飯を届ける素敵なキャンペーンをお見逃しなく✨

保護っ子カフェに行こう

1つ目は保護っ子カフェ。犬カフェ・猫カフェなどのなかには「保護っ子カフェ」が存在します。
保護っ子カフェは、名前の通り「保護されている子に会えるカフェ」。普通の動物カフェと似た形態が多いです。実際に保護っ子に会い、遊んだり触ったりできます。更に、新しい家族のお迎えを考えている場合はその場で里親条件やトライアルの相談もできちゃいますよ。

もちろん、お迎えできなくてもOK。お茶をしてゆったり過ごす、普通のいきものカフェと同じ感覚で遊びに行ってみてください。
保護っ子カフェの収益は運営と保護活動にあてられるため、利用するだけで保護活動に貢献できるんですよ。

⇒ [関連記事]フォローするだけ!保護犬にご飯を届ける素敵なキャンペーンをお見逃しなく✨

YouTubeから応援しよう

2つ目はYouTubeからの応援。YouTubeが娯楽としてメインコンテンツとなった現代、各保護団体もチャンネルを開設して活動を広めています。
YouTubeは収益化されているチャンネルなら動画再生だけで協力できますし、生放送でスーパーチャット(投げ銭)をしても良いです。

募金箱にお金を入れたり、保護っ子カフェに足を運ばなくても、家で動画を見るだけで力になれるって素敵じゃないですか?

自分にできることで命を繋ぐ

保護っ子カフェやYouTubeといった、今だからできる形で保護団体やシェルターが活動しています。活動を知り、ほんの少し動くだけで良いんです。
何万円という寄付じゃなくても、自分が保護っ子の家族になれなくても大丈夫。保護っ子カフェやYouTubeで気軽に応援してみませんか?
それぞれができることで、1つでも多くの命を繋いでいきましょう。

⇒ [関連記事]フォローするだけ!保護犬にご飯を届ける素敵なキャンペーンをお見逃しなく✨
0

コメント

このライターの記事をもっと見る >>
かも井

八王子出身、20代でレズビアン!自由で視野の広い人生がモットー。
大型犬と猫と馬と爬虫類が好き。着物も着る二次元のオタクくんだよ~!
競馬から美容まで色々な記事を書くライターです♪

かも井をフォローする
ライフスタイル
JOERA(ジョエラ)