【スピリチュアル】生年月日から導く「自分らしさの見つけ方」知りたくない??

ライフスタイル

自分らしく生きよう!という言葉を耳にすることは多いと思いますが、自分らしさって何?って思ったことはありませんか?

今回は自分とはどんな人間なのか、これをどうやって導き出せるのかをお伝えしようと思います。

⇒ [占い好き必見!無料登録で出来る占いはこちら]

ズバリ!何から見ていくのか!


それは生年月日です!


生年月日から出していく方法は四柱推命や西洋占星術(ホロスコープ)、九星気学、数秘術など様々あります。
私はその中の数秘術について解説していきます。

⇒ [占い好き必見!無料登録で出来る占いはこちら]

そもそも数秘術とは?

世の中全てのことが数字に変換できて、変換された数字にはそれぞれ意味や性質があるという考えに基づいて、生年月日や名前からあなたに与えられた数を導きだしていきます。

5000年前、そして100万人以上から取った統計(データ)なので、当たる当たらないではなく、統計的に解説されているのが数秘術です。

数に良い悪いはなく、数には表と裏があるので、それぞれが持つ性格を深く理解していくことが大切でもあり自分とは何者?という疑問を解消できるきっかけにもなるのです!

誕生日は自らの意思で選んで生まれてきていると言われていて、そこにはとても大きな意味が隠されています!

数秘というとただの占いって思う方もいるかもしれませんが、過去のデータに基づいたものなので私の鑑定を受けてくださった方はただの占いと思ってたけど数秘に対する印象がガラッと変わったという方も多いくらい占いっぽくない内容でいわゆる統計学なのです。

もちろん統計なので100%当てはまるわけではありません。
当てはまらないこともありますが、自分の数字のような『傾向性』があるという方向性は結構な確率ではまってるなと思います。
また、潜在的なものも数秘から導けるで、本質的には得意としているものでも本来の能力に自分が気づいてなくて苦手意識を持っているという人も多くいます。
なので、自分の使命や能力、才能などを知ることで新たな自分を見つけ出すきっかけにもなるというものが数秘術です。

数秘はどうやって出すの?

数秘術の出し方は基本的には生年月日や名前から導く数字の、1〜9までの一桁の数を用いて行われます。
いくつか数字を出して組み合わせてみていくのですが、今日は一番メインの数字の出し方をお伝えします!

生まれた西暦、月、日の数字を1桁になるまで1つずつ足します。
ただし、11、22、33の数字が出たらそこで止める。
例えば、1990年12月31日生まれの場合、1+9+9+0+1+2+3+1=8

ご自身の数字は出すことできましたか?

今回はここまでにして、これからは数字1つ1つの特性をお話ししていこうと思います!

⇒ [占い好き必見!無料登録で出来る占いはこちら]

1+

コメント

ライフスタイル
JOERA(ジョエラ)