カラーボックスで机をDIY!簡単な作り方やおしゃれなアレンジ方法

ライフスタイル

今回は、カラーボックスで机をおしゃれにDIYする方法をご紹介していきます。
リモートワークが増えたことで、自宅に机が欲しい!と考えている方は多いのではないでしょうか?
もしくは、子供の学習机を探している方や、趣味の作業をする机が欲しい方など。
机が欲しいと思うシーンは、意外に多くありますよね!
でも既製品の机を買うと高いし、組み立てるのも面倒…
不要になったら処分にも困ると思うと買うか迷ってしまいます。

そこでおすすめなのが、カラーボックスで簡単にDIYできる机です。
部屋のインテリアに合わせて自由にアレンジでき、既製品を買うよりも安い!
今回は、そんなカラーボックス机の作り方や、おしゃれなアレンジ方法をご紹介していきます。
自分好みの机が欲しい方は、ぜひ最後まで見てくださいね。

⇒ 机DIYに最適!ニトリのカラーボックス

カラーボックスで机をDIYできる? 

イメージ

家にカラーボックスがあるご家庭は多いと思います。
しかし、机をカラーボックスで作ると最初に考えた方…ナイスアイディアです♪
今カラーボックス机はとても人気で、SNSでもDIYされた机がたくさん投稿されています。
「#カラボデスク」というハッシュタグで検索すると、みんなの素敵なアイディア机が見れてとっても楽しいですよ♡

カラーボックスで机を作るメリット

カラーボックスのメリットを以下でご紹介していきます。
これを見れば、きっとカラーボックス机が人気になる理由がわかるはずです。

メリット①作るのが簡単

DIYすると言っても、カラーボックス机を作るのは超簡単です!
だって、もうすでに棚は出来上がっているから♪
既製品の多くは組み立て式で、ビスやドライバーを使ってネジを木材に打ち込みます。

しかし、カラーボックス机は、天板を乗せて動かないように滑り止めを間に引くだけ!
簡単にDIYしたい方にはぴったりです。

メリット②既製品を買うよりも安い

カラーボックス机は、既製品を買うよりも断然安いです!
ニトリで2段のカラーボックスを2個買っても、税込3,000円しません。
上に乗せる天板と滑り止めシートを含めても、トータル5,000円以下で済むでしょう。

既製品の机を購入した場合、安くても1万円以上しますよね。
しかも安い机だと収納棚がついていない可能性も高く、収納するためにカラーボックスを購入する必要があるかもしれません。
特に欲しい既製品の机がない時は、最初からカラーボックスで机を作った方が安くて早いです。

メリット③好きな大きさ・高さ・デザインにできる

カラーボックスは、使う人や置く場所によって好きな大きさや高さ、デザインにアレンジできるのが魅力です。
部屋のインテリアに合わせたり、使いやすいようにボックスを選んだりもできますし、マスキングテープやペイントで装飾することもできます。
安くて自分好みの机が手に入るなんて最高だと思いますよ♡

メリット④使わなくなったらいつでも解体・移動ができる

カラーボックスで作った机なら、不要になったらいつでも解体して単体のボックスとして使うことができます。
また、置く場所を変える時も、その場所に合わせて一度解体してから組み直すことも簡単です。

カラーボックスで机を作る時の注意点

カラーボックスで机を作る時の注意点を挙げていきます。

注意点①強度

カラーボックスで机を作る時に「滑り止めシート」で天板を固定する方法でも、普通に使う分には強度に問題はありません。
しかし、子供の勉強机として使う時などに激しく揺らす心配がある場合は、ビスや強力な両面テープでしっかりと固定すると安心です。

注意点②トゲ

加工されていない木材を天板として使用する場合は、表面にトゲがあり怪我をすることがあるので注意しましょう。DIYをする時は、

・上からヤスリをかける
・又はニスを塗る
・天板の角をヤスリで丸くする


このようにすると、子供が使っても安心です。

〈カラーボックス×天板〉机の作り方

天板を使用したカラーボックスの1番基本的な作り方をご紹介していきます。

カラーボックス机の材料・道具

・カラーボックス×2
・天板×1
・滑り止めシート×必要な分


一番簡単な作り方で必要な材料はこれだけ。
滑り止めシートは100均やホームセンターで購入できます。
強度を上げたい場合はビスなどで固定します。
その際は、ビスとドライバーが必要です。

カラーボックス机の高さを決める

カラーボックスを選ぶ前に、理想の机の高さを決めましょう。
以下の計算式に当てはめて高さを割り出します。

〈理想の机の高さ〉
机の高さ=身長×0.25-1+身長×0.183-1

いくらおしゃれな机でも、高さが合わなければ使いづらくて嫌になります。
子供が使う場合は特に、成長過程で悪い姿勢が身についてしまっては大変です。
まずは高さを決めてから、カラーボックスと天板を買いに行きましょう。

カラーボックス机の作り方

カラーボックス机の作り方を順番にご説明していきます。

■ステップ①
好きなカラーボックスを選んで、両端に2つ置きます。
カラーボックスの向きは使い方に合わせて決めましょう。
正面を向けるか机の内側に収納部分を向けるかは好みによって変えられます。

物を頻繁に出し入れする場合は、取りやすい正面がオススメです。
また、収納部分を隠しておきたい人は、机の内側に向けておくと使用感を隠すことができます。

■ステップ②
カラーボックスのサイズにカットした「滑り止めシート」をボックスの上に乗せます。

■ステップ③
カラーボックスの上に天板を橋渡しのように置いて固定しましょう。
以上が、一番簡単なカラーボックス机の作り方です。

カラーボックスはニトリがおすすめ!

イメージ

カラーボックスはニトリの「Nカラボシリーズ」がおすすめです。
値段も手頃で、サイズやカラーの種類も豊富!
きっと好みのカラーボックスが見つかりますよ。

ニトリのカラーボックス机・おすすめ①NカラボA4-2段

本棚やおもちゃ入れに適した使いやすいサイズです。

価格1,212円(税込)
サイズ高さ71.8cm×幅41.9cm×奥行29.8cm
カラーホワイトウォッシュライトブラウンミドルブラウン

ニトリのカラーボックス机・おすすめ②Nカラボ2段

価格1,017円(税込)
サイズ高さ59cm×幅41.9cm×奥行29.8cm
カラーホワイトウォッシュライトブラウンミドルブラウン

狭いスペースにも置けるコンパクトサイズです。

ニトリのカラーボックス机・おすすめ③Nカラボ3段

価格1,518円(税込)
サイズ高さ87.8cm×幅41.9cm×奥行29.8cm
カラーホワイトウォッシュ・ライトブラウン・ミドルブラウン〈ネット限定カラー〉ナチュラルライトブラウン×ホワイトミドルブラウン×ホワイトナチュラル×ホワイト

大容量で色んな場所で活躍する大きいサイズです。

⇒ ニトリのカラーボックス詳細

カラーボックスデスクのおしゃれなDIYアイデア

イメージ

使い方や好みに合わせて、素敵でおしゃれなカラーボックス机を作っていきましょう♪
以下で、カラーボックスデスクのおすすめDIY方法をご紹介していきます。

カラーボックス机・おしゃれにペイントする

カラーボックスに合わせて天板をペイントすると、統一感が出て素敵な机になります。
また、好きな色にペイントしたベニア板をボックスに貼り付けてもおしゃれです。
一手間加えることで、より味のあるカラーボックス机が出来上がります。

カラーボックス机・リメイクシートを使って簡単DIY

カラーボックスの表面に「リメイクシート」を貼れば、色々な柄にできてとてもおしゃれです。
リメイクシートは、100均やニトリ、ホームセンターで気軽に買えます。
木目調、大理石、花柄などバリエーションが豊富なので好きなデザインにできてオススメです。

カラーボックス机・複数を組み合わせて棚付き机にDIY

複数のカラーボックスを組み合わせて、使い勝手の良い棚付き机にするのもおすすめ!
例えば、3段タイプのカラーボックスを横にして2つ重ね、椅子一個分空けたところにもう2つのカラーボックスを置けば、収納力抜群の机の出来上がりです♪

収納を隠すために、カラーボックスをフタ付きにすると目隠しにもなり、全体に統一感が出て更におしゃれ度がアップします。

カラーボックスで簡単に机をDIYしよう♡

今回は、カラーボックスで机をおしゃれにDIYする方法をご紹介してきました。
とっても簡単なのに、めっちゃくちゃおしゃれなカラーボックス机♡
収納力抜群で、高さやデザインも好きにアレンジできるところが魅力的です!
ぜひ気になる方は、簡単に作れますのでおしゃれにDIYしてみてください。

⇒ 机DIYに最適!ニトリのカラーボックス
0

コメント

ライフスタイル
JOERA(ジョエラ)