食べないダイエットは効果的?リバウンドや痩せない人の理由とは

ライフスタイル

体重を落としたいから食べない。と偏った食生活をする方は多いはず。
しかし、食べないダイエットをしても痩せない方はたくさんいます。
そればかりか、リバウンドで今までよりも体重が増加してしまう方もいるでしょう。
無理な食事制限を続けていると、健康に大きな悪影響を与え疲れやすく、体調を崩してしまう場合もあります。

そこで今回は食べないダイエットについて、
・効果はあるの?
・危険性とデメリットは?
・食べても痩せられるおすすめダイエット方法がしりたい!
これらの疑問にお答えしていきます。

最後まで読むことで、ダイエットの正しい知識を得ながら、健康的に痩せる情報を見つけることができますよ。

⇒ [関連記事]冬使いたい!「肌に優しいコスメ10選」

食べないダイエットは痩せる?

イメージ

食べないダイエットに効果はあるの?と気になる方は多いですよね。
確かに、一時的に痩せる効果は期待できるでしょう。
お腹が凹み、体重も落ちて「やったー!これで痩せられるかも」と思うかもしれません。
しかし、食べないダイエットで痩せるのは一時的です。

食べないことで体を維持するための栄養素が不足し、体はなるべくカロリーを消費しないようにと生命の防衛本能が働いてしまうためです。
ダイエットの敵だと思われている「糖質」や「脂質」も、生命活動には欠かせません。
糖質を取らないことで、筋肉を糖に変えて補おうとし筋肉量が落ちます。
すると基礎代謝が悪くなり負のループに陥るのです。
代謝が落ちると体脂肪が増え痩せにくい体になります。
長期間続けるとリバウンドや健康状態が悪くなりかねません。

食べないダイエットは、筋肉量を落とし基礎代謝を悪くする「太るダイエット方法」なのです。
これは「食べなければ痩せる」と思い必死に食べたい物を我慢していた方にとってはショックですよね。
何でも好きなだけ食べて良いということではありませんが、過度の食事制限は健康的にも良くありません。
ダイエットは正しい知識を持って行いましょう。

食べないダイエットの危険性・デメリット

イメージ

食べないダイエットは一時的にでも体重が落ちるため、無理に食事制限をしてしまう方もやはりいるでしょう。
そのような方にぜひ知ってほしい、食べないダイエットの危険性やデメリットを以下で解説していきます。

食べないダイエットはリバウンドしやすい

食べないダイエットで、例え一時的に体重が落ちたとしても、しばらくするとリバウンドするリスクが高くなります。
このダイエットのデメリットは、筋肉が脂肪より先に落ちてしまうことです。
筋肉が落ちると体脂肪は増え、結果的には痩せにくく太りやすい体質へと変化するでしょう。

私たちの体は適度に筋肉があれば、寝ていてもカロリーを消費してくれますが、筋肉量が減ればその効果も期待できません。
中々入ってこない大切な栄養素を、体は溜め込んで大事に使おうとするでしょう。食べないダイエットは、自分の体をいじめているようなものです。

食べないダイエットで白米を抜くと便秘になりやすい

白米や麺類などの糖質制限(炭水化物ダイエット)は痩せる効果が高いと人気のダイエット方法です。
しかし、白米などの糖質を制限すると「便秘」になるリスクが高くなります。
その理由を3つ挙げていきましょう。

①食物繊維が不足する
白米の主成分は糖質ですが、実は食物繊維も含まれています。
食物繊維は、便秘の予防や整腸効果には欠かせない栄養素です。
不足することで便秘になるリスクが高くなります。

②水分量が不足する
白米には、多くの水分が含まれています。
便通をよくするためには水分が必要で、それが少なくなると便が硬くなり排便しにくい状態を引き起こします。

③腸内環境が悪くなる
白米や麺類などの主食を制限すると、その代わりにおかずでお腹を満たそうとするでしょう。
肉や魚を主食にすると、動物性たんぱく質や脂質の摂取量が増え、便を腐敗させる悪玉菌を増やす原因になります。
腸内環境が悪化し、便秘のリスクが高まってしまうのです。

これら3つの理由により、白米を食べないダイエットは便秘になりやすいと言えます。

食べないダイエットは健康や美容に悪影響を及ぼす

イメージ

食べないダイエットは健康や美容にもよくありません。
栄養障害を引き起こし、以下のような症状が出る場合があります。

〈栄養障害で起こりうる症状〉
・基礎体温が低くなる
・疲れやすい
・体力が落ちる
・集中力が続かない
・筋肉・血液・髪・肌・爪などの細胞を作る栄養素が不足する
・月経不順になる
・冷え性になる
・低体重の赤ちゃんが生まれるリスクが高くなる

特に女性は、美しくなりたいからダイエットに励むはずです。
しかし、必要な栄養素まで制限してしまうことで、髪はパサパサ、肌には艶がなくカサカサ、肌荒れもひどい状態になったら本末転倒ではないでしょうか。
また月経不順や冷え性は、赤ちゃんが欲しいと思った時に悪影響を及ぼしかねません。
食べないダイエットが原因で、体調を崩したり、顔の印象が変わってしまうことがあると心得ておきましょう。

⇒ [関連記事]冬使いたい!「肌に優しいコスメ10選」

食べて痩せる「食事」の正しい方法

イメージ

食べないダイエットは危険やデメリットがあります。
そこで、食べて痩せる「食事」の正しい方法を以下で紹介していきましょう。

朝食は必ず食べる

イメージ

朝食は活動のスイッチを入れて、体内リズムを整えてくれます。
朝食を抜いてしまうと、日中のエネルギー消費量が低下して、かえって太りやすくなりますよ!
必ず食べるように心がけましょう。

夕食はできるだけ早く済ませる

夕食は寝る3時間前までに済ませましょう。
寝る直前まで食べていると、消化されずに脂肪として蓄積されてしまいます。
また、夕食だからと言って、一食抜くのは健康とダイエットの観点からも良くありません。
体が脂肪を溜め込む「太りやすい体質」に変化してしまいます。

食べる順番を意識する

食べて痩せる食事のコツは、食べる順番を意識することです。

①野菜→②汁物→③肉や魚→④白米や麺類(炭水化物)

この順番で食事をすることで、血糖値が急激に上昇しインスリンが分泌されることを防ぐことができます。
食べても太らない食事の順番です!意識してみましょう。

痩せたい人におすすめダイエット方法

イメージ

美味しい物を食べても太らないダイエット方法があるなら知りたいですよね!
以下で、痩せたい人におすすめのダイエット方法をご紹介していきます。

食べないダイエットはやめて筋肉を増やそう

イメージ

筋肉を増やすことは基礎代謝を増やすことに繋がります。
食べても基礎代謝が高ければ消費カロリーが多くなり、太りにくくなります。

筋肉を増やす方法として、無酸素運動の「筋トレ」がオススメです。
筋トレ自体には脂肪を減らす効果は期待できませんが、筋肉量を増やしてくれるので痩せたい人は積極的に筋トレを行うと基礎代謝が上がります。

また筋トレの他に、有酸素運動のウォーキングやスイミングを取り入れると更に効果的です!
筋肉が増えれば、栄養バランスを考えながら美味しい食事をしても大丈夫!
寝ている間もカロリーが消費されますよ♪

食べないダイエットはやめてプロに頼ろう

本気で痩せたい場合は、ダイエットのプロ「パーソナルトレーナー」に頼るという方法もおすすめです。
最近では芸能人以外でも、パーソナルトレーナーをつける人が増えています。
ダイエットは食事の栄養バランスや運動、メンタルケアなど1人では解決できない問題も多々あります。
中々成果が出ない日々に「これで本当に痩せるの?」とやる気を失い断念してしまう方も多いでしょう。
そんな時に、一緒に頑張ってくれるパーソナルトレーナーがいれば、プロの指導で正く継続できます。
ダイエットに何度も挫折している方は、パーソナルトレーナーを検討するのも良いのではないでしょうか。

食べないダイエットは正しい知識で行おう!

イメージ

今回は、食べないダイエットの効果や危険性、痩せたい人におすすめのダイエット方法をご紹介してきました。
食べないダイエットは一時的に体重は少なくなります。
しかし、リバウンドのリスクが高まり、栄養障害で健康や美容にも悪影響を及ぼすでしょう。
痩せたい時は、バランスの良い食事と適度な運動で筋肉をつけるのがおすすめです!
食事の時間や食べる順番に注意すれば、食べても脂肪が蓄積しにくくなりますよ。ぜひ、自分に合うダイエット方法にトライしてみてくださいね。

⇒ [関連記事]冬使いたい!「肌に優しいコスメ10選」

おすすめ!ダイエット関連記事▼

⇒ダイエット中におすすめの食べ物&レシピ!食べて無理せず痩せよう♡⇒みかんでダイエットができる?その効果や正しい食べ方もご紹介!
0

コメント

ライフスタイル
JOERA(ジョエラ)