【100均】ダイソーのアロマオイルがすごい!種類やおすすめの使い方も◎

ライフスタイル

香りの種類によって、さまざまなリラックス効果が期待できるとして人気のアロマオイル。
自分の好きな香りがお部屋に広がるだけでも気分が上がりますよね!
でも、アロマオイルって意外と高いし、思い切って買ってみても好みじゃなかったらどうしよう…と思うアロマ初心者さんも多いのでは?

そこで今回ご紹介したいのが、100均・ダイソーのアロマオイルです!
種類も豊富で、何より安い!香りのお試しに最適のアイテムがたくさんそろっていますよ。
ディフューザーなどの関連グッズもあるので、これからアロマを始めてみたいという人は絶対チェックです!

100均ダイソー「アロマオイル」は種類がたくさん! 

アロマオイルといえば、その種類の多さが特徴。
例えば、一言に「柑橘系」と言っても何種類もあり、香りの質も全く違います。
ダイソーで取り扱うアロマオイルにもたくさんの種類があります。
オイルの中でも定番の香りが一通りそろっているので、自分の好みの香りを見つけるにはおすすめのラインアップです。
ここでは、ダイソーにはどんな種類のアロマオイルがあるのか解説していきますね。どの種類も110円(税込み)で買えますよ。

ダイソーのアロマオイル レモングラス

柑橘系アロマオイルの代表格ともいえる香り。
ほのかな苦さを感じる爽やかな香りで、リフレッシュ効果や集中力アップ効果が期待できる香りです。
玄関やリビングなど、人の出入りが多い場所に置くのもおすすめですよ。

ちなみに、ダイソーではその他の柑橘系アロマオイルも取り扱っています。
香りに少し甘さを足したい人には「グレープフルーツ」が、とがった香りが苦手な人には「スウィートオレンジ」がおすすめです。

ダイソーのアロマオイル ラベンダー

鎮静効果や安眠効果など、ベッドサイドで大活躍するラベンダーの香り。
効能が非常に多い香りで、特に純度の高いものは「万能精油」と言われるほどのアイテムなんです。
フローラルながら、甘すぎない爽やかさも兼ね備えていて、デイリー使いに適しているオイルといえます。

アロマオイル以外にも、アロマウォーターやミストなどのアイテムにも使われているので、使う機会も多くなりそうな種類ですね。

ダイソーのアロマオイル ペパーミント

いわゆる「ハッカ」の香り。
清涼感のあるスーッとした香りが特徴的で、純度の高い精油では消臭効果や防虫効果、抗菌効果なども期待できるとされています。
甘さを抑えた香りなので、キッチン周りや玄関マットなどの布ものに使うのも◎。スプレータイプのアイテムだとより使いやすい種類です。

ちなみに、似たような名前で「ミント」というアロマオイルもあります。
同じミント系でも甘さのある香りなので、ペパーミントでは刺激が強すぎる感じる人はこちらを試してみるといいいかもしれません。

ダイソーのアロマオイル 2個セットやブレンドオイルも

一部店舗のみになりますが、110円で2つの種類の香りが楽しめるセット商品もあります。
「シトラス・オレンジ」の柑橘系アソート、「ミント・オーシャン」の爽やか系アソートがあり、よりお得に違った香りが楽しめます。
また、昼間のリフレッシュ用のブレンドオイル「ローズマリー レモン」と、夜寝る前のリラックスタイム用のブレンドオイル「ラベンダー オレンジ」もあります。

こうしたブレンドオイルは、アロマテラピーでは定番の商品。
専門知識のあるセラピストさんがオイルの効能を踏まえて作るもので、主に朝用・夜用で作られています。
中には、生理の前後や生理中に合わせたブレンドオイルもあり、根強い人気があるジャンルなんです。
初心者さんには難しいアイテムなので、110円で手軽に試せるのは嬉しいですね!

100均ダイソー「アロマオイル」の成分や特徴 

価格の安さと種類の豊富さは魅力ですが、気になるのは品質。
専門店で売っているアロマオイルと全然違う価格だけど、本当に大丈夫なの?…と心配になる人もいると思います。

価格の違いは、やはり成分や特徴に違いに出ています。
もちろん危険なものではありませんが、使う前にしっかり押さえておきたいポイントですよね。
ここでは、ダイソーのアロマオイルの成分や特徴を詳しく書いていきます。

エッセンシャルオイル(精油)ではない

100均のオイルと専門店のオイルは、似ているようで全く違うものなんです。
価格の差はここにあると言ってもいいでしょう。

専門店で売られているものは「エッセンシャルオイル(精油・せいゆ)」といって、100%天然由来のオイルのことです。
こちらのタイプは純度も高く安全性も優れており、香りによる効能が十分に期待できます。
また、ボディクリームに混ぜてマッサージに使うなど、体につける用途でも使用できます。
逆に、効能が強いがゆえ、妊婦さんや赤ちゃんには使えない種類もあります。

対して100均のオイルは、石油系やアルコール系の不純物が混じっています。
実際、ダイソーのアロマオイルの成分表示は「界面活性剤、エタノール、香料、水」となっています。
香りもエッセンシャルオイルに似た香りを再現した人工的なもの(香料)なので、エッセンシャルオイルのように十分な効能はありません。
あくまで「香りを楽しむもの」「芳香剤」のようなイメージですね。
そのため、100均のアロマオイルは体につける用途では使えません。
エッセンシャルオイルと同じだと思ってマッサージなどに使ってしまうと、思わぬ肌トラブルになるリスクもあるので、ルームフレグランスのような使い方にとどめておくのが正解です。

ダイソーのアロマオイルは日本製

とはいえ、安全性が低いかというと、それは違います。
ダイソーのアロマオイルは日本製が基本。
生産国の表示に「日本」と明記してあります。
今回の記事で紹介したオイルも全て国産のものなので、使う用途を守れば安心して使えるものばかりです。

また、海外製のものよりも国産の方が香りが長く持続するという口コミもあるので、より楽しめるという利点もあります。
一方で、いろいろな香りを楽しみたい人は海外製のものを選ぶと残り香が少なくていいかもしれませんね。
水溶性アロマウォーターやミストなど、オイル以外の形になっているものは海外製のものもあるので、気になる人は生産国の表示を確認してみてください。

ダイソーアロマオイルおすすめの使い方 

100%天然ではないものの、香りの良さや芳香浴をするためのコスパは抜群に良いのがダイソーのアロマオイル。
ダイソーでは、同じ香りでもオイル・ウォーター・ミストなどの違った形で商品展開されているのも魅力の一つ!
ここでは、100均のアロマオイルの特徴を理解した上で、その良さを最大限発揮できる使い方を紹介していきます。

ディフューザーや加湿器に入れる

まずは基本の使い方。定番の方法といえます。
お部屋に入った瞬間にふわっと香るアロマが癒してくれますよ。

この場合には、おうちにあるディフューザーや加湿器のスペックを確認しましょう。
オイルを所定の場所に数滴垂らすものもありますし、オイルではなくアロマウォーターを入れて加湿するものもあります。
「数滴なら適当に入れても大丈夫じゃない?」と思いがちですが、間違った使い方をして故障してしまうともったいないので、きちんと確認してから使いましょうね。

また、ディフューザーも加湿器も家にない人は、アロマオイルと一緒にダイソーでそろえてしまうものアリ!
香りを広げるスティックが付いたおしゃれなディフューザーや、コンパクトでシンプルデザインが嬉しいアロマウォーター対応加湿器も売っています。
本格的な冬に向けて用意してみるのもいいですね!

アロマポットやポプリに入れる

香りも大事だけど、お部屋のインテリアになるような見た目も大事!…という人には、アロマポットやポプリ(ドライフラワーやナッツ)で香りを楽しむのがおすすめです
アロマポットは、ポット上部のお皿の部分にアロマオイルを数滴垂らし、その下からキャンドルで熱を加えて香りを広げていくタイプ。
素焼きの陶器で作られているものが多く、自然な蒸散力で香りがふんわり広がるのが特徴です。
キャンドルの炎のゆらめきでリラックスタイムがワンランクアップしますよ!

火を使うのが怖いという人は、ポプリで香りを華やかに演出するのも◎。
余っているお皿にポプリを広げて、その上から好きなオイルを垂らせば出来上がりなので、とっても簡単!
ちなみに、アロマポットもポプリも、さらにキャンドルも全部ダイソーでそろいます。便利!

アロマスプレーでピンポイントに使う

お部屋の消臭や、寝具など頻繁に替えられない布ものに直接使えるのがアロマスプレー。
ディフューザーなどは空間全体にじんわり広がっていくのに対し、スプレーならスピーディかつピンポイントに香りをつけられます。

アロマスプレーは自分で作ることもできますが、その場合には「無水エタノール」や「精製水」など、特別な材料が必要になります。
普通の水にオイルを溶かして作ることもできます。
拡散力や持続力が弱いですが、ちょっとした気分転換に使う分には問題ないでしょう。

100均ダイソーの人気アロマグッズ 

好きなアロマオイルが見つかったら、それを今よりもっと楽しみたいですよね?
ダイソーでは、アロマオイル以外のグッズも充実しています。
どれも110~330円ほどで買えるので、初めてアロマを体験する人も一通りそろえられ、その日からすぐ始められますよ。
ここでは、ダイソーのおすすめアロマグッズを紹介します!

アロマディフューザー(スティック付き、ストーン付きなど)

ダイソーのディフューザーは、ラベンダーや柑橘系などのオーソドックスな香りを中心に展開され、デザインの種類がとても多いのが特徴です。
特に、香りを蒸散させるスティックがついている定番タイプではデザイン性が高いものが多いです。
スティックにフラワーモチーフが付いた「フラワーイン」や、容器の中にお花と貝殻が入った「フラワーシェル」、黒い容器で大人っぽいインテリアになる「ブラックボトル」など、個性豊かなラインアップ。

香りだけでなく、お部屋の雰囲気そのものを演出できるので人気なんですよ。
スティック単体でも売っているので、より香りを強くしたいときには追加で使うこともできます。
ディフューザーはスティック付きで110~330円(税込み)、替えスティックは20本入りで110円(税込み)です。

アロマスプレー(ルームフレグランス、ピローミスト)

先ほど手作りもできると書いたアロマスプレーですが、ダイソーにはブレンド済みのアロマスプレーも豊富な種類がそろっています。
香りの種類も多いですが、ルーム用スプレーやピローミスト(枕用)など用途別の展開があるので、よりニーズにあったスプレーが手に入るのが魅力。

ルームフレグランスミストは、約1700回プッシュできるという大容量タイプ。
しかも、2本セットで110円(税込み)というビックリの価格です!
爽やかな森林浴のような香りがセットの「フォレスト・ライムグリーン」、マリンテイストの香りが楽しめるセットの「ハワイアンブリーズ・アクア」、スパイシーな香りが特徴のセット「ユーカリ・ティートゥリー」があります。

枕など寝具に使うピローミストも種類が多く、お休み時の定番であるラベンダーや、すっきりとした柑橘系オイルのベルガモットやゆずなども。
寝る前にシュッと吹きかけておけば、良い香りに包まれてゆっくり眠れそうですね。

サボテンオーナメント(フレグランス付き)

アロマを楽しむための石膏でできたアイテムで「アロマストーン」というものがあります。
石膏の細かい穴の中にオイルが染み込み、自然の蒸散力で香りを広げるというもの。
ストーンの周りだけ香るので、デスクやベッドサイドなどのパーソナルスペース内で使いたい人に人気が出ています。

サボテンオーナメントは、そのアロマストーンの一つ。
石膏でできた小さなサボテンに付属のフレグランスオイルを垂らすことで、自分の周りだけを好みの香りに変えることができます。
見た目もかわいらしく、デスクの上にあったらテンションが上がっちゃいますね!
もともと自分が持っているアロマオイルを使ってもいいので、使いたい場所や香りごとに何個か買っても良さそうです。
ミニフレグランス付きで110円(税込み)です。

ダイソーのアロマオイルで癒やされよう♡ 

初心者さんにはハードルが高そうなイメージのアロマ。
専門店のアロマの方がより効能は高いものの、お値段もそれなりなので手が出しづらいと思っていた人も多いと思います。
そんな人は、まずダイソーのアロマオイルで香りや使い方をお試ししてみては?
何となく同じ毎日を過ごしている人も、好きな香りを見つけて気分転換できますよ!
ぜひ試してみてくださいね。

こちらもおすすめ▼

0

コメント

このライターの記事をもっと見る >>
JOERA plus

いつものくらしにプラスになる、アイデアや情報をお届けします!
より豊かでHAPPYな毎日になりますように♡

JOERA plusをフォローする
ライフスタイル
JOERA(ジョエラ)