【ぜっったいに!!遭遇したくない!!】この時期、出現率の多いアイツを撃退する方法◎

ライフスタイル

あんなに小さいのにもかかわらず、遭遇してしまった日には大絶叫と恐怖を感じる夜となる、いやーなアイツ。一人暮らしの乙女ならばなおさら、気持ち悪くて眠れませんよね・・・。今回は、アイツの出現率を減らすためにやっておきたい、誰でも実践できる方法をご紹介します☆

⇒ おすすめ!『ライフスタイル関連情報』はこちらから

【その①】エアコンの室外機・配管

まさかそんなとこから?!と見落としがちな、侵入経路ナンバー1に輝いたのは、この時期フル稼働のエアコン。そうです。そのエアコンの室外機と室内配管が侵入経路なのです。一度お外へ出て確認してみてください。室外機の下を覗いてみると、ホースがございませんか?そのポカンと開いた【ドレンホースの入り口】と室外機の表面がアイツの玄関です。【室内配管の隙間】も侵入経路となります。100円ショップやドラッグストア、ホームセンターにて”室外機専用防虫キャップ”と”室外機専用フィルター”と”すきまパテ”を購入できますので、それをセッティングしてください。

【その②】換気扇

お次にアイツの侵入経路となるのは、家の至る所に存在する【換気扇】です。具体的にいうと、キッチンの換気扇、お風呂の換気扇、トイレの換気扇、お部屋の換気扇・・・。うん、もはや玄関だらけですね。そのままむき出し状態になっている方は、今すぐ”換気扇専用フィルター”をご用意ください!!こちらも、100円ショップやドラッグストア、ホームセンターで購入できます。ぺたっと貼り付けて完了です♬

【その③】シンク・排水溝

これまた侵入経路となるのが、【排水口】です。シンク・洗濯機・トイレ・洗面台・お風呂。トイレに関しましては、おそらく誰もが一度経験しているのではないでしょうか。フタを開けたらこんにちは、と(泣)アイツたちは、下水管から侵入後、あの縦S字型のパイプ管を通ってくるのです。通るというよりかは、泳いでよじ登ってくるという表現が正しいです(汗)そこで試していただきたいのは、【シンクの排水口ごみ受け】には”専用ネット”をはる。【浴室の排水口】にも”専用ネット”をはる。【洗面台・浴槽の排水口】には”ヘアキャッチャー”をする。※洗面台のオーバーフローはすきまパテ※【洗濯機下・シンク下の排水管の隙間】は”すきまパテ”や”養生テープ”を仕込む。そして悩ましいのがトイレの排水口。未だに良い方法が見つかりません。ごめんなさい(泣)

⇒ おすすめ!『ライフスタイル関連情報』はこちらから

【その④】玄関や窓

常日ごろからいくら気をつけていても、玄関や窓から侵入をされてしまうのはなぜでしょうか。答えは【郵便受けの隙間から侵入する】、掃除の際や荷物を受け取る際など、ほんの少しと思って【玄関を開けっ放しにする】、網戸ではあるものの【内側の窓を中途半端に開けている】です。郵便受けに新聞などが中途半端に挟まっている状態が一番まずいです。もし可能であれば、郵便受けに”奥まで郵便物を入れてください”というステッカーを貼りましょう。窓を開けて空気の入れ替えをする際には、内側の窓は中途半端に開けずピッタリと開けきるようにしましょう。これで窓枠の中央部分、重なり合う隙間からの侵入を防げます。網戸をしていてもゆがみで隙間ができるようであれば、”すきまテープ”をはりつけます。

【その⑤】段ボール・新聞紙

引っ越しや宅配便でたまった段ボール。きれいだから、収納として使おうかな?とか、物を置くから床に傷がつかないように敷いておこう!とか、これ実は一番危険です。段ボールの断面をよく見ると、たくさんの細かい穴でできていることを確認できます。感の良い方はもうお気づきでしょう。そうです、アイツはこの穴に卵をたくさん産みつけるのです。新聞紙もクッション材としてや湿気とりなど、毎日活用するものではありますが、古いものはアイツの住処となります。いずれも再生紙としてリサイクルするようにしましょう。

⇒ おすすめ!『ライフスタイル関連情報』はこちらから

さいごに

そんなアイツも唯一苦手とするのは、ハーブや柑橘類などの、刺激が強い香りとされています。もぐみ家や周りの友人の間でかなり評判の、有名商品である●●●●キャップやワンプッシュなども効果抜群ですが、合わせてハーブや柑橘系の芳香剤を置いたり、アロマを焚くなどすると安心です。ひとり暮らしをする中で、悩みに悩んだアイツの出現。遭遇してしまって『きゃああああああーーーー!!!』とならないためにも、普段から意識して生活をしていきましょうね☆

合わせて読みたい!!

⇒ あっつーい夏はハッカ白油でひんやりしましょう☆【北きつね牧場】北海道からさわやかな大地の恵みをお取り寄せ♬⇒ 【今日から活かせる!】これであなたも印象ばっちり☆銀座の世界で学んだ、愛される人になる方法◎
0

コメント

ライフスタイル
JOERA(ジョエラ)