1リットル300円!?業務スーパーの”生クリーム”がコスパ最強なんです!

グルメ・レシピ

濃厚な甘さとコクを持ち、何とも幸せな気分にしてくれる生クリーム。
お菓子作りはもちろん、料理やカフェタイムにも大活躍の食材です。
でも、普通のスーパーで買うとそれなりに高く、気兼ねなく使うにはちょっと贅沢に感じてしまう人もいるでしょう。

そこで、もっと気軽にスイーツタイムを楽しみたい人におすすめしたいのが、業務スーパーで売っている生クリーム!
業務スーパーの生クリームにはさまざまな種類があり、よく見かける小さなパックに入った液体生クリームや、中には1リットルという大容量の冷凍ホイップクリームまで揃っています。
今回の記事では、業務スーパーで買える生クリームの特徴やコスパ、おすすめレシピを紹介します!

業務スーパーの生クリームは3タイプ! 

業務スーパーで売っている生クリームは、液体・ホイップ・スプレーの3種類です。
業務スーパーで売られている生クリームは植物性のものがほとんど。
そのため、動物性の生クリームよりもあっさりとした味わいで、値段も安く抑えられているのが特徴です。
ここでは、それぞれのタイプについて解説します。

液体タイプ 

「ホイップ(加糖)」は、一番スタンダードな生クリームで、業務スーパーではデンマーク直輸入品として紹介されているものです。
料理にお菓子作りにアレンジ自在で、料理全般が得意な人におすすめのタイプ。
味わいはしつこさが少なく、時間が経ってもだれずに安定する扱いやすいクリームです。

この商品は1リットルの大容量タイプで、お値段は約430円(税込)です。
普通のスーパーで売っている200cc入りの小さいパックは平均して200~300円台ほどなので、それと比べてもコスパの良さは歴然!
賞味期限は未開封の状態で約3か月です。

ホイップタイプ 

「アマンディホイップ フローズン」は、見た目のインパクトが強烈な1000mlの大容量冷凍ホイップクリーム。
味はバニラアイスに近いという口コミもあり、生クリームのどっしりとした甘味が苦手な人も食べやすく作られています。
見た目とは裏腹にサラッと食べられると評判の商品です。

冷蔵庫で5時間ほど解凍してから使います。
解凍時間の逆算は必要なものの、ホイップ済みのクリームが最初から絞り袋に入っている上、一緒に絞り口もついている至れり尽くせりな商品。
使う時は袋先端の切り取り線でカットし、絞り口を手で押し出してセットすればそのまま絞れます。

パーティーなどみんなが集まるときに使ったり、心ゆくまで生クリームを使い倒したい甘党さんにおすすめですよ!
お値段は、1000mlのクリームと専用の絞り口が入って約280円(税込)と破格! 
賞味期限は、冷凍状態で約10ヵ月です。

スプレータイプ 

スプレータイプの生クリームは、店舗や時期によって若干の違いがあるようですが、ほとんどの商品は250ml入りのスプレー缶に入っています。
スプレー缶の容量は250mlですが、実際のクリームに換算すると約1000ml程度のホイップが出てくるとのこと。
その容量で値段は300~400円程度(税込)なので気兼ねなく使えますね。

スプレータイプの使い方は、缶を上下に軽く振った後、ノズルを真下に向けてプッシュするだけ。
欲しい分だけ出せるので、ココアやケーキにちょい足ししたいときに便利です。ただ、やや柔らかめのクリームなので、デコレーションケーキの飾りつけには不向きかもしれません。
賞味期限は約半年ほどです。

業務スーパー生クリームの保存方法 

それぞれ賞味期限は3か月~10か月程度とかなり差がありますが、開封後にできるだけ早く使い切るのはどれも同じです。
クリームの劣化は開封した直後から始まるので、美味しい状態でしっかり食べきるようにしましょう。

液体タイプの保存方法

液体タイプは、開封した後は冷蔵庫に保存し、5日程度を目安に使い切るようにします。
スープやシチューなど大量消費できるメニューに使うと無駄がなくていいでしょう。

ホイップタイプの保存方法

ホイップタイプは、解凍後絞り口を清潔なラップでしっかり覆い、冷蔵庫保存で5日以内に食べきります。
どうしても食べきれない場合には1回分の小分けにして冷凍しておく裏技も!
冷凍保存できるタッパーやステンレスバットなどの平面にラップを広げ、その上にホイップクリームを1回分ずつ絞り出します。
その上からふんわりラップを乗せて冷凍すればOK。
使う時は冷蔵庫で解凍する他、温かい飲み物には凍ったまま入れて使えるので便利ですよ。

スプレータイプの保存方法

スプレータイプの保存方法は少し特殊です。
クリームを出した後は、先端のノズルをよく水洗いしてから冷蔵庫で保存します。
洗浄方法は缶のラベルに書いてあるので、参考にしながら清潔に保ちましょう。
スプレータイプの場合には、開封後1週間程度で使い切り、缶は自治体のごみ捨てルールに従って捨ててくださいね。

業務スーパーの生クリームを使ったレシピ 

業務スーパーの生クリームは、お得な値段でたっぷり使えるのが魅力です。
また、味わいもさっぱりしているので、どんなレシピにもなじみやすい特徴があります。
せっかく買ってきたんだから、残さず使って味わい尽くしたい!
家でもちょっとおしゃれなスイーツタイムを楽しみたい!
そんな人向けに、誰でも簡単にできる生クリームレシピを紹介します。

やっぱり定番!【デコレーションケーキ】

生クリームを使ったレシピといえば、やっぱりデコレーションケーキ!
スポンジケーキも業務スーパーで買えるので、お菓子作りが苦手な人でも大丈夫。
生クリームを塗るだけで簡単にできてしまいます。

この時に使うのは、液体タイプか冷凍ホイップを使うとキレイに仕上がります。
スプレータイプは硬さが足りないので、ケーキ用には使わない方がいいでしょう。

ココアパウダーや抹茶パウダーなどを加えたい場合には、液体タイプに混ぜてしっかり泡立てて使うようにします。
白いクリームで良い場合は、冷凍ホイップが断然便利ですよ。

気分は有名カフェ【フルーツサンド】

断面が美しいフルーツサンドは、業務スーパーの生クリーム・余りもののフルーツ・食パンがあればすぐに作れます。

挟みたいフルーツは、よく洗った後で水気をキッチンペーパーでしっかり拭き取ります。
この時水分が残っていると仕上がりが悪くなるので注意してくださいね。
バナナやみかんなど、皮をむいて食べるフルーツだと失敗しにくいですよ。

あとは、耳をカットした食パンに生クリームをたっぷり塗り、フルーツを挟んで食べやすい大きさにカットすれば出来上がり!
爽やかなフルーツと甘い生クリームのコラボがたまらない一品になります。
ちなみに、市販のブリオッシュに生クリームを挟めば、人気のスイーツ「マリトッツォ」も作れます!

フルーツの他、チョコレートやナッツを入れてオリジナルマリトッツォを作るのもいいですね。
こちらのレシピは、どのタイプの生クリームでも作れます。
スプレータイプを使いたい時は、フルーツなどの食材を全部用意した後で、食べる直前にクリームを挟むようにしましょう。

実は簡単?【バスクチーズケーキ】

スペインのバルが発祥で、お取り寄せスイーツとしても人気のバスクチーズケーキ。
実は全部の材料を混ぜて焼くだけで作れちゃうんです!
他の材料も業務スーパーで全部そろいます。 

材料(15㎝丸型1台分)
・クリームチーズ 200g
・グラニュー糖 大さじ4
・卵 2個
・生クリーム(液体) 200cc
・薄力粉(ふるいにかけておく) 大さじ1

■作り方
クリームチーズを室温に戻し(レンジでチンして柔らかくしてもOK)、泡だて器でなめらかなクリーム状になるまで混ぜます。
そこに他の材料を順番に加えてしっかり混ぜ合わせ、230度に予熱したオーブンで20分ほど焼き、表面に焼き目をつけます。
その後200度に下げて、さらに10~15分ほど焼き上げていきます。
オーブンから出した直後は生地がとても柔らかいので、粗熱を取って冷蔵庫でしっかり冷やした後にカットしましょう。

業務スーパーの生クリームは加糖タイプなので、もともと甘味がついています。
レシピで加えるグラニュー糖はやや少な目にしてあるので、甘めが好きな人は少し増やして調整してください。

コスパ最強で美味しい♡業務スーパーの生クリーム 

業務スーパーの生クリームは、他のスーパーでは考えられないほどの高コスパで、さっぱりとした口当たりで食べやすいと人気の商品です。
コンビニスイーツにちょい足ししたり、あたたかい飲み物に加えたり。
いつものおやつが手軽にグレードアップできます。
未開封なら数か月保存できる商品も多いので、甘いもの好きな人はぜひ使ってみてくださいね。

他の業務スーパー記事もチェック!

0

コメント

このライターの記事をもっと見る >>
JOERA plus

いつものくらしにプラスになる、アイデアや情報をお届けします!
より豊かでHAPPYな毎日になりますように♡

JOERA plusをフォローする
グルメ・レシピ
JOERA(ジョエラ)