コストコのホットドックが大人気!180円でトッピング無料って本当!?

グルメ・レシピ

会員制スーパーとして有名なコストコで人気なのがフードコートです。
フードコートというと、家族連れのように大人数ではどうしてもランチ代が高くなりがちで、寄ろうか我慢して帰ろうか迷ってしまう人も多いのでは?
その点、コストコのフードコートは低価格で大人の男性でもお腹いっぱいになるメニューが満載で助かりますよね!

その中でも、コストコのホットドッグは絶大な人気を誇る看板メニューです。
大きなソーセージが挟まったボリューム満点の一品で、しかもトッピング無料&ドリンクも飲み放題!
他では見られない、高コスパのメニューです。
今回の記事では、コストコのホットドッグの魅力や美味しい食べ方を徹底解説します!

⇒これは買うべき!みんな大好き「コストコ」のおすすめ7選◎

コストコのホットドックが大人気! 

コストコのフードコートで食べられるホットドッグは、大人も子どもも満足できるメニューとして大人気!
シンプルなホットドッグに自由にトッピングできるので、好みに合わせてカスタマイズできるのも人気の理由です。
ここでは、コストコのホットドッグの基本について解説していきましょう。

コストコ ホットドックの値段は? 

コストコのホットドッグは、トッピングし放題&ドリンク飲み放題で、なんと税込み180円!
通常のドリンクは単品で60円なので、ホットドッグは実質120円という計算。
そんなに安くてお腹いっぱいになるの?…と思いますが。
そこはコストコ。
値段からは想像ができないほどのボリュームなんです!

バンズは約20cmで、そこに太さ約2cm・長さ約22㎝のソーセージが挟まっています。
女性の手には収まりきらないほどの大きさなので、食べ応えは十分!
そこにトッピングとドリンクが加わるので、180円という低価格でとにかくお腹いっぱいになりますよ。

ちなみに、フードコートの支払いは現金のみとなっています。

コストコ ホットドックのカロリーは? 

値段が安いのはいいですが、これだけのボリュームがあるとカロリーも気になりますよね?
結論からいえば、当然ヘルシーとは言えません。
コンビニなどで販売されている一般的なホットドッグでは、カロリーは大体400~450kcal程度です。

コストコのホットドッグは一般的なホットドッグよりも断然大きいので、カロリーも600kcal程度は超えてくるでしょう。
さらにトッピングの種類や量によっては700kcal程度まで上がることも考えられます。
カロリーが気になる人は、ケチャップなどのトッピングを控えめにしたり、一緒に飲むドリンクを無糖のものにしたりするといいですよ。

コストコの会員じゃないけど食べられる?

コストコでは、入店する際に会員証の提示が求められます。
店内にフードコートがある店舗がほとんどなので、会員でないとフードコートに行くこと自体ができません

一部、「広島倉庫店」と「幕張倉庫店」はフードコートが店外にあるので非会員でも購入できましたが、今はコロナの影響で会員のみの利用に制限中です。
残念ながら、今はどこの店舗でも会員以外は食べられないようですね。

⇒ コストコ会員になる方法はこちら!

コストコ ホットドックの注文〜作り方 

コストコのホットドッグの特徴は、大きさや値段だけではありません。
注文した後の受け取り方や作り方もちょっと変わっています。
初めて注文した人は「え?ここからどうするの?」と思ってしまうかも!

そこで、ここではコストコのホットドッグの注文からトッピングまでの流れを説明します。
これを読んでおけば、初めてコストコのホットドッグを注文する人でも迷わず食べられますよ。

レジで注文すると…

ホットドッグをオーダーすると、銀紙に包まれたホットドッグがドリンク用の紙コップに入った状態で出てきます。
この時点で、何も知らないと驚いてしまいそうですね!

中に入っているホットドッグは、バンズとソーセージのみのシンプルな状態。
ここにトッピングを加えていきます。
ちなみに、ドリンクなし・ホットドッグ単品のみでの注文はできません。
ドリンクがいらない人は、コップをお皿やごみ箱代わりで使えばいいでしょう。

トッピング&ドリンクのお代わりは自由!でも、コロナで変更点も

まずはホットドッグのトッピングをします。
ケチャップ・マスタード・ピクルス(レリッシュ)・オニオン・ザワークラウトがトッピングできます。
無料だからといって乗せすぎると、食べるときにこぼれてしまって食べにくくなってしまうので注意してくださいね。
たくさん乗せて食べたい人は、使い捨てのナイフやフォークがあるのでカットして食べましょう。

ドリンクも数種類用意されていますが、いろいろな種類を楽しみたい場合には、最初の1杯は7分目くらいまでにしておくのが無難です。
500cc程度入る大きめのコップなので、あまり入れすぎると飲み切れなくなってしまうので要注意!

現在は感染対策のため、ナイフやフォーク、ザワークラウトの提供はレジにてオーダーする形になっています。
セルフでは取れないので、必要な場合は注文時にスタッフさんにお願いしましょう。

たくさん注文する時は空のトレーを活用

ホットドッグをもらう時は紙コップに入っているので持ち運びしやすいですが、トッピングをしてドリンクも注いだ後では両手がふさがってしまいます。
特にお子さんを連れていると大変なので、何人かで注文する時にはレジ下にある空の段ボールトレーを使いましょう。
食べた後もそのまま捨てられるので便利です!

持ち帰りも可能

その場で食べなくても、テイクアウトは可能です。
袋の用意はないので、自分で持参した袋に入れて持ち帰りましょう。
トッピングやドリンクは1回限りになるので、乗せ忘れ・取り忘れがないように気をつけてくださいね。

⇒ これは買うべき!みんな大好き「コストコ」のおすすめ7選◎

コストコ ホットドックのおすすめトッピング

コストコのホットドッグの最大の特徴は、味が自由に決められること
あらかじめ出来上がったホットドッグと違い、自分の味覚に合った一品が食べられるので、口コミや満足度の評価が高いのも納得ですね。

トッピングの合わせ方によって、味の印象もガラッと変わります。
ここでは、コストコのおすすめトッピング方法を紹介していきますね。

定番!ケチャップ+マスタード

シンプルなので、バンズの甘味やソーセージのスパイシーさをダイレクトに味わうことができます。
ソーセージ自体にもしっかり味がついているので、ソース類を少な目にしても十分美味しくいただけますよ。

食感重視の人に オニオン+ザワークラウト+ピクルス(レリッシュ)

ソーセージのパリッと食感の他に、野菜のザクザク食感をプラスしてより食べ応えがアップします。
しっかりお腹を満たしたい男性などにオススメのトッピングですね。

また、人によってはソーセージが塩辛く感じる人もいるそうなので、たっぷり野菜でさっぱりとした味わいにしているというコストコユーザーも多いとか。
特にザワークラウトは乳酸菌で発酵させた料理で、食物繊維も豊富なことから腸活にも良いと言われています。
しっかりプラスすれば栄養バランスを整えられるので嬉しいですね!

贅沢にトッピング全部乗せ!

どれも気になって選べない人は、思い切って全部乗せてしまいましょう!
先にケチャップ類をかけてから野菜類を乗せた方が、ソース類にくっついてこぼれにくくなります。
また、バンズを少し大きめに広げて、切れ込みの中にトッピングを入れ込むように乗せるとしっかり収まりますよ。
それでも豪快にかじりつくとかなりこぼれるので、レジでナイフとフォークをもらって食べた方が良さそうですね。

コストコのホットドックは家で作れる? 

実は、フードコートで販売されているホットドッグは家でも作れるんです!
コストコのホットドッグに使われているパンは、コストコの食品売り場でも販売されています。
「フジパン株式会社」が製造しているホットドッグ用バンズで、6本入り170円ほどで購入できますよ。

以前はソーセージも販売されていたようですが、残念ながら現在は売ってないようです。
とはいえ、コストコには他にもたくさんの種類のソーセージが売っているので、フードコートにもない完全オリジナルレシピのホットドッグを作ってみるのもいいですね!

⇒ これは買うべき!みんな大好き「コストコ」のおすすめ7選◎

安くて美味しい!コストコのホットドック 

コストコのホットドッグは、ビックリするような低価格でしっかり満足できる優秀メニューです。
自分の好みに合わせてトッピングを楽しんだり、おうちで作るメニューの参考にしたり。
美味しいだけではない、たくさんの魅力をもつ一品といえるでしょう。
コロナの影響で以前と変わってしまった部分もありますが、その味と楽しさは変わりません。
コストコでお買い物を楽しんだ後には、ぜひ人気のホットドッグを食べてみてくださいね!

コストコ人気商品をもっと読む▼

⇒ コストコのピザはコスパ抜群!買い方からおすすめの種類まで詳細を徹底解説⇒ 【コストコ対決】ディナーロールVSマスカルポーネロール!そっくりだけど違いは…!?
0

コメント

グルメ・レシピ
JOERA(ジョエラ)